アジア 旅行

西村泰一の旅行記 フィリピン・セブ島 ダイビング編

投稿日:

西村泰一の旅行記 フィリピン・セブ島 ダイビング編

僕は、20代のときからスキューバダイビングを始め、もう30年ほどスキューバダイビングを続けています。僕にとっては大好きな遊びであり、一生楽しみたいと思っています。

ダイビングの魅力ですが、海の中には普段見ることができない未知の世界があります。
山にも絶景というような綺麗な景色がありますが、普段生活している陸の上であることには変わりません。
それが、水の中というのは、まさに僕たちが普段生活している世界とは全くの別世界です。

そういう水の中に未知の世界があり、美しい魚と素晴らし地形を楽しむというのは本当に素晴らしい遊びだと思っています。

ですから、普段、経験することができないし、絶対見ることが出来ないものを見れるということが、何よりもダイビングの魅力だと思っています。

それなら水族館に行くのと一緒じゃないか?という方もいるかもしれませんが、それは全く違います。やはりその中にボンベを背負って直接水の中に入っているのと、水族館とは全く違うのです。

ダイビングは手軽なスポーツでないのは確かです。
手軽にできないというので、特に最近の若い方からは敬遠されるスポーツです。

そのためにダイバー人口も僕が始めたころの何分の1になっています。

結局若い方が始めないので、ずっと年齢層が上がっているそうです。
よって、今は僕らと同年代の方が多くちょっとさみしいです^^

僕が始めたころというのは、本当に若者のスポーツで、
20代の若者ばかりで大阪から週末はバスでたくさんの人数で海の方に行って、
週末はダイビングを楽しんだというようなことを毎週やっていましたが、
今は高齢者の遊びになっています。(笑)

タンクが重いですけれども、水の中に入ってしまうと、もちろん無重力状態なので、それほど体力というのは必要もありませんし、本当に結構高齢の女性の方でも潜っておられますので、何歳までもできる遊びですし、僕も一生楽しみたいなと思っています。

 

僕は大阪に住んでいるので近いところでは、和歌山の田辺が好きでよく行っています。
海外はセブ島が一番好きで、このところセブ島はよくリピートしています。他ではグアム、サイパンに行きます。

セブ島は特におすすめです。

浅いところに綺麗な魚がたくさん群れているので、割と手軽に潜れます。
そんなに深く潜らなくてもいい、非常に楽に潜れますし、
港からすぐ近いところ、セブ島の島の近くに綺麗なポイントがたくさんあるので
非常に楽に潜ることができます。

スキューバダイビングって海に潜れば、どこでも綺麗か?というわけではなくって
そういう魚が群れているところとか、地形の面白いところとか、洞窟があるところとか、そういうポイントが決まっているんですけど、そこまで遠いとボートで長時間移動しないといけなくてそこに行くまでにもう疲れて大変なんですけれども、
近場で潜れるというは非常に楽でいいですね。

僕は長年潜っていますが、いつも一人で行きます。
天候や海のコンデションを見ながら、いいタイミングで潜りにいきます。

多くのダイバーは、僕と同じように一人で行く人が多くって、
一人で来ている者ばかりが集まって、そこで一緒にボードに乗って
1日一緒に楽しむという形でダイビングをします。

やったことがない方はイメージできますか…?

よって、同じ趣味を持った人同士が集まり、1日中いろんな話をしながらスキューバをする。
色んな場所から色んな人が集まってくるので、その時その時で様々な出会いがあります。
よって、そういった、その時ならではの出会いというのが楽しみの一つでもあります。

実際に潜っている時間というのは1本潜るのは40分~50分ぐらいです。
ですから、あとはボートの上に出ています。
そんな時は、そこで出会った仲間同士で話をして1日楽しんでいます。
セブ島なんかに行くと、何日間かは向こうで潜りますけど、そこでいろんな人と出会って楽しい時間を過ごすことが非常に楽しみでもあります。

 

ということで、ダイビングは非常におススメの遊びです。
すでにされている方も気軽に声をかけて頂ければ、一緒に潜りに行きたいなと思っています。
これからライセンスを取ろうかなという方も相談して頂ければと思います。

海の中を動画もお楽しみ下さい。

-アジア, 旅行
-, , ,

Copyright© ネット起業のパイオニアが教える! 一生お金に困らないネットビジネス講座 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.