ビジネス

リーダー必見!社員のやる気を引き出す5つのアクション

更新日:

 

 

西村泰一のネットビジネス講座西村泰一公式LINE@ 

ここ数年は、社員の定着率が低いといわれています。

厚生労働省の離職率のデータを見ると、会社に就職しても、10人中3人は3年以内に辞めているそうです。

 

僕は、日頃から顧客満足度より社員満足度だと思っているし、

社員やスタッフの方々はいつも長く勤めてくれるので、

信じられないデータでもあります。

 

 

社員があっという間に会社を辞めないためにも、

リーダー自身がやる気を引き出す方法やモチベーションアップの知識を知っておく必要があります。

 

 

社員のやる気を引き出したり、モチベーションアップするには、こんな方法があります。

 

1.社員に自己重要感を持たせる

自己重要感とは、自分が重要な立場であると感じることだそうです。

Dカーネギー著によると、人は例外なく他人から評価を受けたいと強く望んでいる。この事実を決して忘れてはならない。と言っています。

ですから、職場で部下に自己重要感を持たせるには、新入社員は2年目の社員が指導し、その新入社員が2年目になれば新しい新入社員の指導をさせるのです。

その他、相手を信じ切って仕事を任せることも社員の自己重要感が満たされます。

やはり人は頼りにされていると感じると、頑張ってしまうもの。

逆に、こいつ、大丈夫か?なんて思いが相手に伝わってしまえば、どんな人間でもやる気を失ってしまいます。

飲みに連れて行ってあげるのもいいかもしれませんが、

仕事を通して部下の自己重要感を持たせると社員のモチベーションも上がると思います。

 

 

 

2.褒めるときは、人前で大声で褒め、怒るときは、誰もいないところで注意する

人前で褒められると、多少恥ずかしい気持ちもありますが、誰しも嬉しいもの。人前で褒められたものは、自分の仕事に自信と誇りを持ちます。

一方、人前で怒ると、プライドの高い社員は、相手を責めるような怒りが沸き起こります。仕事も嫌になりふてくされる人もいるでしょう。

社員のやる気を上げたいなら、ぜひ褒めるときは人前で、どうしても怒らなければいけないときは、会議室で注意するといいでしょう。

 

 

3.目標を明確にさせる。

僕は、20代のときから、ナポレオンヒルの「思考は現実化する」を読みまくって、目標を書いた紙を大きな声で読んでいました。

上手くいくまで20年かかったので、その時は焦っていましたが、今では目標の自分に近づくことが、自分のモチベーションを維持する方法だと言い切ることができます。

目標もなにもないまま、仕事をしていれば、きっとモチベーションも下がるでしょう。

自分を見失うこともあるかもしれません。

ですから、社員には、

「将来どんな生活がしたいのか」

「将来はどんな家に住んで、どんな車に乗りたいのか」

「サラリーマンとしてどんな役職について、どんな仕事がしたいのか」

など、明確にするといいと思います。

なりたい自分になるよう、目標を掲げることは非常に大事です。

ぜひ社員には目標を明確にするようにしてください。

 

 

4.結果だけでなく、経過も評価する。

ビジネスの世界はついつい結果だけを見てしまいがちです。

しかし、結果よりも経過を評価することも大事です。

 

 

 

5.言葉選びに気を付ける。

言葉かけ一つによって人は変わってきます。

ついつい言ってしまいがちな言葉もあると思いますが、振り返りながら肯定的な言葉を選ぶようにしてください。

例えば、仕事の質をあげて欲しいときなら、

いつも言っていると思うけど → ここを変えたらもっと良くなるのでは?

と、このような言葉がけが効果的ではないでしょうか?

肯定的な言葉を選ぶと社員の受け取り方、行動も変わってきます。

社員のやる気・モチベーションを上げることは、ちょっとした言葉を選ぶ力で変わってくると思います。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は社員のやる気をテーマに書きましたが、

これらは実はサラリーマン、起業家のどんな人にも当てはまることだといえます。

 

世代交代はいつかはきますし、

起業家は、次のリーダーを育てることを常に考えています。

 

自分を顧みながらも、社員のやる気やモチベーションを上げること、意識してみてください。

 

 

西村泰一のネットビジネス講座西村泰一公式LINE@
 

 

-ビジネス
-, ,

Copyright© ネット起業のパイオニアが教える! 一生お金に困らないネットビジネス講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.